これがあれば安心!持参したい健康グッズ

旅行を楽しむためには元気でいることが肝心です。いざというときに役に立つ安心グッズを持参しておきましょう。 まず持病のある人や生理中の人は、痛み止めやいつも飲んでいる薬を忘れずに。さらに乗り物酔いをするのであれば酔い止めも持参しましょう。胃腸が弱い人は胃薬もかばんに入れておきたいものです。 長く歩く際には靴擦れすることもあります。ちょっとした怪我にも役に立つ絆創膏も、念のため持って行っておくと安心ですね。 また夏場は車の中でも熱中症になります。田舎のドライブなどはコンビニや自販機もない所があるので、ペットボトルや水筒も持って行きましょう。子供さんがいる場合は尚更、観光中もこまめな水分補給をしたいものです。 アウトドアをするときは虫刺され用の薬もお忘れなく。

旅先ではこんなことに気を付けて!

旅先での健康管理としてはまず、ついつい楽しくて食べ過ぎてしまう人も見られます。せっかくの旅行で下痢や二日酔いになっては勿体ないので、食べ過ぎ飲み過ぎには気を付けましょう。 気持ちが高ぶる上に普段とは違う寝床のために、眠れないという人もいます。寝不足は頭痛や乗り物酔いの原因になることもあります。いつも使っている枕やパジャマを持って行って寝ると、寝やすいかもしれませんね。 知らない土地は気候も地元とは違いますし、エアコンが効きすぎている所もあります。真夏でも薄手のカーディガンなど一枚羽織れる物を何か持っていれば、風邪の予防になるでしょう。 もうひとつ、気を付けたいのが温泉での湯冷めやのぼせです。気持ち良くて長風呂してしまう人もいるでしょうが、空腹時や食後すぐの入浴は特に気を付けなければいけません。温泉街を歩いて回るときも、湯冷めしないように羽織る物を持って行きましょう。