夜行バスのメリットとは

夜行バスとは、夜間に運行する高速バスのことを言います。メリットとして、寝ている間に到着し時間や費用が効率的であること、朝から夜まで楽しめること、女性専用車などのサービスがあることです。夜行バスは、国内の遠い地域に向かいますが、新幹線や飛行機に比べると費用が圧倒的に安くなります。例えば、東京と大阪間ですと新幹線代は約15000円、格安航空機で約7500円ですが、夜行バスの場合は約4000円~10000円ほどです。値段の差は、バスの快適さによって変わりますが、約6000円ぐらいが通常の値段になります。また、夜も有効活用することで、次の日も朝から晩まで旅行を楽しむことができ、帰りもバスに乗っていればバス停まで連れて行ってくれるので、寝坊や乗り過ごしの心配がありません。サービスも、トイレ付、女性専用車両、レーンの感覚が広いなどがあるので予約の際に注意して見るといいでしょう。

夜行バスの使い方と注意点

夜行バスの予約の仕方は、希望のバスを見つけて予約と入金をするだけで、インターネット上でも行うことができます。心配なら、旅行会社の窓口でも行っているので、任せるといいでしょう。受付確認メールが乗車券との引き換えになることが多いので、忘れないようにしなくてはなりません。乗車中は、約2~3時間ごとにトイレ休憩があるので安心ですが、トイレ付のバスを選ぶこともできます。バスによってはアメニティもあり、サービスが充実しているので、利用することで快適に過ごすことができるのです。注意することは、乗車してすぐに消灯時間になることが多いので、スマートフォンの明るさが目立ってしまいます。なるべく、区切りのカーテンを閉め、周囲の方に迷惑にならない程度の使用にしましょう。